移住手続き

フランス移住に必須の市民講座 formation civiqueって?

 

フランスへ移住するために必要なのがまず、OFII(移民局)での登録です。

そして移民手続きとして必須となるのが、市民講座 Formation civiqueです!

私は無事にFormation civique全4日間を終えたところですが、これが始まる前は「何するんだろう〜」と不安だったので、同じく不安を感じている人に、この記事を見て安心してもらいたいと思います。

思ったほど大したことなかったヨ!

注意点もあるので合わせて確認しておきましょう。

 

移住手続きの全容を知りたい場合はこちらの記事を先にどうぞ。(結婚以外の移住の場合もやることは同じです。)

フランスで結婚後、正式に移住するために必要な手続きまとめ

  フランス人と国際結婚をした後に必要なのが、移民局への手続きです。 移民局の手続きが終わらない限りはビザをもっていても不法滞在とみなされてしまうので、絶対に必要となります。 ちょっと面倒で ...

続きを見る

ちなみにFormation civique1・2日目の日程はOFII面談時に決めますが、3・4日目については2日目が終わった時点で日程を案内されます。

 

Formation civique 1日目

さて、1日目はなかなか楽しかったです。

9:00〜16:30で昼休みが90分くらい、午前と午後にそれぞれ15分休憩が入ります。

1日目のテーマはフランスの国としての基礎知識、歴史、文化などがメインとなります。

プロジェクターでスライドが映され、それに沿ってマダムが解説していきます。

ちなみにオールフランス語です

テーマが1つ終了するごとにiPadが渡され、4,5人グループで理解度チェックをします。

でもテストではないので、間違っても問題ありません!

昼食はみんなでレストラン(無料!)に繰り出しますが、ムスリム率が高いのでみんなでハラールを食べます。

 

Formation civique 2日目

2日目はフランスの法律、税金、政治、職、子育て、医療、社会福祉などがテーマでした。

テーマ自体は面白いのですが、何しろ計6時間の座学なので、気をぬくとぼーっとしちゃいます。

昼食は全日程共通で同じレストランでハラールです。

メニューは日替わり!

そして2日目終了時に3日目の日程を案内されます。

 

Formation civique 3日目

問題は3日目…これが超退屈でした。

なぜなら、1・2日目にやったこととほぼ同じ内容だったからデス…。

そして例によって節目節目にiPadが渡されますが、問題数が多かったり記述式があったりするのでけっこう面倒です。

でも頑張って耐えしのぎましょう。

居眠りしないようにネ

3日目の最後に4日目の日程を決めますが、4日目はテーマによって日を選ぶことができます。

文化、職、社会の3つのテーマがあり、選んだテーマによって劇場や美術館、市役所、職安などに遠足します!

 

Formation civique 4日目

私は4日目のテーマに「社会」を選んだため、市役所に遠足するのを楽しみにしていたわけですが、ここでもさらに災難が。

なんと指導員のマダムが首を痛めたため、

「予定変更、外出はしないで1日中教室でやるわよ!いいわね!」

と有無を言わさず座学三昧になってしまいました。

内容としても1〜3日目とほぼ同じだったので、最後の方はみんな疲れ切って放心状態でした。

それでも常にマシンガントークのマダム…

一番元気やん!

あなたが参加する時には、無事に遠足できると良いですネ。

 

(必読)気をつけること

Formation civiqueを終えてみた感想は「あ、こんなもんで良かったんだ」という感じです。

行くまでは未知すぎて不安もありましたが、行ってみると色んなことが知れて有難かったです。

しかし2日間で十分だとは思う…

最後にFormation civiqueの注意点もお伝えしておきます!

 

フランス人の適当っぷり…通訳必要なら自力で調達すべし

Formation civiqueを受けるにあたってフランス語レベルが十分でない場合、通訳が必須だそうです。

しかしこちらが用意するのではなく、講座を行う側が手配してくれるものです。

私の場合はOFIIで1・2日目の日程を決める時に日本語通訳がいる回が満席だったため、「ん〜、まぁいっか!」という感じで通訳なしの回になりました。

当日までに通訳が手配されるからと。

しかし1日目に参加した時には通訳が手配できなかったと言われ、「次回は手配するわね!」と言われたものの、最終的に「やっぱり手配できませんでした。なので誰か連れてきてもOK!」と前日の夕方にSMSが来る感じになりました…。

時間的に見つけるのは難しかったし通訳なしでもなんとかなると思ったので私は1人で行きましたが、「なんで通訳連れてこないのよ〜」と言われる始末。

基本的にみんなテキトーです!

よってフランス語が心配な場合は、通訳を自分で用意するつもりでいた方が良いかもしれません。

特に1・2日目は職や住宅、医療など超重要なことが話されます。

 

何が何でも4日間必ず出席!

超重要な1・2日目とデジャヴのような3・4日目を終えて気づいたこと、それは

出席さえしてればOK、出席こそが何よりも重要

ということでした。

3日目や4日目ともなると無断欠席者も出てきたりして、マダムは「この先のことは知らないわよ!」とプリプリしていましたが、やはりFormation civiqueひとつにおいても移民として審査されているような気がします。

Formation civiqueに出席することがOFIIとの契約書にも盛り込まれているので、出席状況がゆくゆくはビザ更新にも影響すると思います。

何があっても4日間は必ず出席しましょう!

万が一出席できない場合は、それを証明できる書類があれば大抵は大丈夫だと思います。

4日目の最後には"Formation civiqueを終了しました"といった証明書をもらえます。

これが結構、達成感だったりします…!

ちなみにこの後またOFIIに呼び出しがかかり面談をするそうですが、アンケート的な軽い内容だそうです。

 

Formation civique…楽しく乗り越えましょう

この記事が参考になったら幸いです。

 

「これからフランス語がんばる!」という方には、こちらの記事もおすすめです。

フランス語独学で初歩からB1~2レベルまで身につける勉強法

  フランス語を始めたい・もしくは既に始めているあなたへ、オススメの勉強法をご紹介します。 私自身フランスに移住するために1年半ほど独学し、現在はフランスで語学学校に通って基礎のおさらいと実 ...

続きを見る

 

ごきげんよう

 

・・・

ポチッと応援よろしくお願いします♫

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

-移住手続き
-,

Copyright© くらすフランス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.