移住手続き

フランスで国際結婚する時の手続き・必要書類を完全網羅です。

 

フランス人との国際結婚を考えている方へ、手続きの流れや必要になる書類をまとめてお伝えしたいと思います。

実際、国際結婚はかなり面倒です。特にフランスの場合、書類の数が膨大で厳格です。

(その面倒さのおかげで、”本当にこの彼と結婚するのか”という試練が何度も与えられることとなり、その度にお互いや自分と向き合うことができたので、結果的に良かったと思っています。しかし、なにしろ超絶面倒です!)

ぐったりでやんす…

特に書類ひとつのためにフランスと日本を何度も行ったり来たりする必要が出てきたりもするので、事前にできる限りの準備をしておきましょう。(ここでは日本人側が必要な書類をご紹介しています。

そのお役に立てれば光栄でございます!

 

フランスでの国際結婚手続きの流れ

まず初めにフランスで結婚手続きが必須となる

日本の場合、結婚手続きといえば「婚姻届」の提出だけで済んでしまいますが、フランスの場合はフランス人同士でもかなり面倒です。

それがましてや「外国人との結婚」ですから、さらに複雑です。

どちらかの国で結婚手続きをしてしまえば、もう一方の国へは「報告的婚姻届」ということで、手続きは相当簡略化されます。とことん無駄を省きたい私は、

日本で婚姻届出しちゃってフランスへは報告的で良いんじゃん!?

と思ったりもしましたが、そうは問屋が卸しません。フランス人との結婚は、「フランスで結婚を認められること」が条件となります。

つまり自動的に、フランスで結婚手続き→日本へは報告的婚姻届ということになります。

(日本のゆるさに改めて感動した私なのであります…。まぁ、そのおかげで色々と問題が生まれているのも事実ですが。)

その反対に、フランスで結婚してしまえば、日本ではやることはほとんどありません。

フランス強し!

フランスでの結婚手続きの流れ

気が遠くなりそうですが、フランスでの結婚手続きの流れに入っていきましょう。

  1. 市役所への書類提出
  2. 市長との面談市役所前に掲示
  3. 市役所や教会などで結婚式を挙げる(証人の立会い必須)
  4. 婚姻証明書・家族手帳をゲット!
  5. 在フランス日本総領事館へ報告的婚姻届
  6. 配偶者ビザを日本で申請・取得
  7. フランスで滞在証明書の申請

※すでに何らかのビザを持っていて配偶者ビザが不要な場合、6と7は必要ありません。

7まで終了したので新たに記事をまとめました↓ご参考にどうぞ。

フランスで結婚しました!国際結婚手続き体験記その2

  私事ではありますが、 手間も時間もお金もかかる長い手続きを終え、 フランス彼と…   結婚しましたー!   ほんとうに長い道のりだった… 結婚式で「あなたたちの結婚は ...

続きを見る

 

(1) 市役所への書類提出

結婚手続きのために必要な書類は、管轄している市役所によって異なります。

まずはその市役所で必要書類を確認しましょう。

たとえば、私と彼が住む市では以下の書類が必要です。

※私は離婚歴があるため、多少複雑になっています。初婚の場合はもっとシンプルですが、”今現在独身であることを証明する”という基本は変わりません。

フランス現地市役所への必要書類

  1. Acte de naissance(出生証明書)
  2. Acte du précédent mariage portant la mention du divorce, traduit, légalisé, appostille(婚姻および離婚証明書。翻訳・アポスティーユ付き)
  3. certificat de non remariage, traduit, appostille(再婚していないことの証明。翻訳・アポスティーユ付き)
  4. certificat de coutume(慣習証明書

このうち、acdはフランスにある「日本総領事館」で発行してもらうことができます。

これらの必要書類を領事館で発行してもらうためには、さらに書類が必要になるのデス…詳しくは次の項で)

bについては、「戸籍謄本全部事項証明書」で事足ります。結婚暦がある人はその離婚までが記録されていて、今現在は独身です!と分かれば良いのです。

しかし翻訳・アポスティーユが必要なのでちょっと面倒。

 

法廷翻訳について

翻訳は「法廷翻訳」といって、法的に認定されている翻訳者に依頼しなければなりません。

私が依頼したのは「フランセスパス」というところです。ほかの法廷翻訳よりも料金が安く、仕上がりも早かったです!

アポスティーユについて

「アポスティーユ」とは、「日本の公的機関で発行された書類ですよ」と外務省が証明してくれることです。外務省のサイトはこちら

外務省と聞くとドキドキしてしまいますが、手続きは証明してほしい書類を持参して申請するだけです。

窓口へ行ってみると外国人ばかりでカオス状態だったり、窓口の人の圧がスゴイですが、申請すれば翌営業日の9:30以降には受け取りが可能です。

外務省は東京なので、遠方の人は郵送でも手続き可能です。10〜14日間かかるそうです。

 

(1)のために…出生証明書・婚姻および離婚証明書・慣習証明書を領事館で取得する

出生証明書、婚姻および離婚証明書、慣習証明書は、フランス独自の証明書です。

よって、フランスにある日本総領事館で発行してもらいます。

そのために必要な書類がこちら。

日本領事館への必要書類

  • 戸籍謄本(アポスティーユ付き)
  • 改正原戸籍謄本(アポスティーユ付き)

 

戸籍謄本について

「戸籍謄本(全部事項証明書)」には、出生から結婚歴・離婚歴などすべてが記録されています。

よってこの戸籍謄本を元に、領事館の方がフランスでの証明形式に合わせて書類を作成してくれるのです。

改正原戸籍謄本について

「改正原戸籍謄本」というのがちょっと厄介です。

読み方は”かいせいげんこせきとうほん”または”かいせいはらこせきとうほん”です。

これは大体平成18年くらい(地方自治体によって違う)に戸籍法が改正されて戸籍謄本が電子化された時点を境にして、電子化される前の戸籍謄本ということです。たて書きで、手書きだったりするかもしれません。

日本総領事館で出生からこれまでの記録を証明してもらうためには、出生から現在までのすべてが記載されているものが必要なのです。

よって、改正原戸籍謄本も必要になります。

「アポスティーユ」については、前項の補足をご参照ください!

自治体によって戸籍謄本の記載の仕方が若干違ったりしますので、証明してほしい事項がすべて記載されているかどうか、申請時にきちんと確認しておきましょう。

 

(2) 市長との面談・掲示

必要書類がそろって市役所に提出が済んだら、市長との面談が発生します!

移民が非常に多いフランスですし、外国人との結婚にはシビアです。偽装結婚でないかどうか、家まで調査員が来ることもあるのだとか。

市長はもちろんフランス語で話しますので、フランス人パートナーが同席する場合はまだ安心かもしれませんが、市長と1対1の場合もあります。

フランス語が心配な人は、通訳の手配もできますので市役所で確認しましょう。

面談が済むと、10日間、市役所に「この人とこの人が結婚します」と掲示されます!

なんともアナログというか、トラディショナルというか…!

この間、異議申し立てがないかどうか確認するのだとか。

 

(3) いよいよ、結婚式!

そしてようやく、結婚式です。

自分も相手も特に宗教を持っていなければ、市役所で、市長の前で結婚を誓います。

この時に重要なのが「証人」の存在。

証人の同席と、書類提出には証人のIDなども必要になります。

式の日取りを決めるためには自分たちだけでなく証人の都合も合わせて考える必要があります。

 

(4) 婚姻証明書と家族手帳をゲット!

式を終えて、結婚が成立します。

これで

  • フランス婚姻証明書(copie intégrale d'acte de mariage français)
  • 家族手帳(livre de famille français)

を入手できるようになります!

長い戦いが終わる…

この2点は日本で配偶者ビザを申請する際に必須となります!

 

(5) 報告的婚姻届を日本領事館へ

フランスで結婚した後は、日本へも婚姻届を提出しなければなりません。(3ヶ月以内)

日本で市役所などに提出するのでも良いですが、フランス人側の証明がやけにたくさん必要になるため、フランスにいる時に、日本領事館へ提出する方が簡単です。

書類の数は多いですが、ほとんどがフランスで入手できたり、申請時に窓口で記入するだけのものです。

こちらは私の地域の領事館による必要書類です。フランスの地域によって管轄する日本領事館が違うため、詳しくは対象の領事館で確認してください。

報告的婚姻届の必要書類

  • 婚姻届(窓口で記入)
  • 婚姻証明書(結婚後市役所でもらえる)
  • 婚姻証明書の和訳(フォームにそって自分で記入可)
  • フランス人側の身分証明書
  • フランス人側の身分証明書の和訳(フォームにそって自分で記入可)
  • 日本人側の戸籍謄本
  • 届出人のフランス滞在許可証、パスポートの写し

ひとつ要注意なのが、日本人側の戸籍謄本の原本がいることです!アポスティーユは不要なのでまだ気楽ですが、最後の最後で「書類が足りない…!」というのは悔しすぎるので、準備しておきましょう。

 

(6) 配偶者ビザを日本で申請

配偶者ビザでフランスに滞在したい場合、在日フランス大使館で配偶者ビザの申請が必要です。

必要書類はフランス大使館「配偶者ビザ」のページで確認しておきましょう。

しかしフランスでの結婚手続きを終えた後では、「こんなもんでいいの!?」とうほどあっさりでございます…。

とくにこれまでフランスのビザ申請の経験がある人(もちろん私も)にとっては、涙が出るほど簡単だと思います。

 

(7) フランスで滞在証明書を申請

配偶者としてフランスに滞在したい場合、ビザだけでは完了していません。

ビザを元にして、「フランスに滞在していいですよ」という許可書をもらう必要があるのです。

最近、インターネットでの申請が可能になったとのこと!

こちらも詳しくはフランス大使館「配偶者ビザ」に案内があります。最新情報をチェックすることを忘れずに!

 

フランスでの結婚手続きで注意しておきたいこと

ここまで読んでくださったあなたへ、

 

ご結婚、おめでとうございます!

 

フランスでの結婚手続きは面倒の極みですが、その都度パートナーとの関係が深まると思います。

パートナーと一緒にがんばってネ

最後に注意しておきたいことをいくつか。

フランスのお役所は営業時間がいいかげんだったり、問い合わせ手段が電話のみでしかもなかなかつながらないということもあります。

案内された部署に行っても、「それはここじゃない、○○へ問い合わせてくれ」などのタライ回しも、フランス彼いわく日常茶飯事です。

フランス国内で証明書を請求しても、すぐには届きません。手続きは早め早めで!

「日本に戻れない」「できるだけ帰国せずに結婚手続きを済ませたい」という人は、日本のご家族に書類取得をお願いするのも良いと思います。実際インターネットを見ていると、ほとんどの人が日本のご家族に戸籍謄本やアポスティーユをとってもらっているようです。

戸籍謄本の取得は一親等に限りますが、アポスティーユの取得は代行業者にお願いすることもできます。ちょっとお値段ははりますが、航空券代よりははるかに安く済みます。

なにかご相談ありましたら、Twitterの方からご連絡ください。私のわかる範囲でお役に立てればと思います!

それでは、健闘を祈る!

 

続編はこちらです!

フランスで結婚しました!国際結婚手続き体験記その2

  私事ではありますが、 手間も時間もお金もかかる長い手続きを終え、 フランス彼と…   結婚しましたー!   ほんとうに長い道のりだった… 結婚式で「あなたたちの結婚は ...

続きを見る

 

 

ごきげんよう

 

・・・

ポチッと応援よろしくお願いします♫

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

-移住手続き
-, ,

© 2020 くらすフランス Powered by AFFINGER5